いま、綴りたい言葉がある

本の感想や舞台、漫画について、気のおもむくままに。

漫画

やぶうち優 著『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』

投稿日:

『ちゃおデラックス』に掲載された『少女少年』シリーズの第8作です。シリーズの中で唯一芸能界が登場せず、他の作品とは趣が異なっています。

目次

  1. あらすじ
  2. 登場人物
  3. 異色の『少女少年』
  4. 小ネタ(他作品との関連)
 

1.あらすじ

小学5年生の宮坂杏の家の隣に、幼稚園で一緒だったという美少女・いちごが引っ越してきました。何か引っかかるものを感じた杏が思い出したのは「一期」という名の男の子。実はいちごは女の子の姿をしている男の子だったのです。
見た目も中身も女の子として振る舞ういちご。そんないちごに振り回されつつも惹かれていく杏。果たして杏の恋の行方は…?

2.登場人物

登場人物の名前には果物しばりがあります。

名前紹介果物
宮坂 杏(みやさか あんず)主人公。小学5年生。宮坂(アンズの品種)、アンズ
章姫 いちご(あきひめ いちご)杏の隣に引っ越してきた美少女。本当は「一期」という名前の男の子。章姫(イチゴの品種)、イチゴ
宮坂 太陽(みやさか たいよう)杏の兄。中学2年生。宮坂、太陽(スモモの品種)
弓月 梨乃(ゆみつき りの)杏のクラスメイト。いちご=一期と知っている。ナシ
夏目(なつめ)杏のクラスメイト。ナツメ
古津(ふるつ)杏の幼稚園のクラスメイト。フルーツ
かずさ(かずさ)杏がプールで出会った幽霊。かずさ(カキの品種)
宮川 早生(みやがわ わせ)杏の祖母。宮川早生(ミカンの品種)
五月 八作(さつき はっさく)杏達が初詣で出会った迷子の男の子。4歳。さつき八朔(ハッサクの品種)

上記の全てが網羅されている訳ではありませんが、果物の品種についてはこちらのサイトが詳しいです。
果物ナビ

3.異色の『少女少年』

『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』は学年誌から『ちゃおデラックス』に掲載誌が変わったこともあり、他の『少女少年』シリーズと異なる点が多数あります。

主人公は女の子

『ちゃおDX』では一応女の子主人公が望ましいのでヒロインの視点を基本に

(あとがきより)

そもそも『少女少年』シリーズが学年誌ではじまったのも『ちゃお』では男の子が主人公の作品がNGだったことが理由でした。
『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』および2012年から『ちゃお』で連載される『ドーリィ♪カノン』の主人公は女の子となっています。

芸能界が登場しない

芸能界話も『ちゃお』の既存の作品とかぶるということでNG

(あとがきより)

『少女少年』シリーズで少女少年が芸能活動をしないのは『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』のみです。

少女少年の男の子姿が出てこない

『少女少年』シリーズにおける少女少年達は芸能活動をするときのみ女装をしているというパターンが多いです。
(『少女少年II』では女の子として学校に通うことになり、『少女少年III』では女の子として共同生活を送ることになりますが、いずれも最初は男の子として登場しています)
一方『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』のいちごは最初に登場したときから女の子の姿で、男の子の姿が描かれているのは幼稚園時代の回想と、杏の夢の中のみとなっています。

» 以下ネタバレあり

女装男子だと知られた上で生活

いちごが男であることを杏は必死に隠していましたが、実はクラスのほとんどには知られていたということが最後に判明します。
それでもいちごは引き続き女の子の姿で生活を続けるようですので、この点でも他の少女少年達といちごには違いが見られます。

» ネタバレを閉じる

4.小ネタ (他作品との関連)

  • いちご、杏が着ている服に「GIRL BOY」(=少女少年)
  • 杏が着ている服に「GB」(GIRL BOY=少女少年の略と見られる)
  • 杏が着ている服に「8」「08」「64」(=8の2乗)と8に関する数字(『少女少年』シリーズの8作目)
  • 弓月梨乃(ゆみつきりの)は「月梨野ゆみ」のアナグラム(月梨野ゆみ(つきりのゆみ)さんは『ポケットモンスター PiPiPi★アドベンチャー』などを描かれた漫画家、やぶうちさんのアシスタントをしていたことも)

また、第4話で登場する作りかけのネームプレートに見られる名前も『少女少年』シリーズの登場人物の名前と考えられます。

『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』に登場するネームプレート
(『~少女少年~GO! GO! ICHIGO』より)
  • 左上の「KAZU」→「KAZUKI」=『少女少年II』の星河一葵
  • 左下の「MI RU A」→「MITSURU&AISA」=『少女少年IV』の白原允&逢見藍沙、あるいは、「MINORU&AKANE」=『少女少年V』の蒔田稔&植原茜
  • 中央下の「EKKA」→「SEKKA」=『少女少年IV』の大嵩雪火(そう考えると、左下は允&藍沙のような気がします)
  • 右上の「AKIRA」=『少女少年』の水城晶
  • 右下の「U」→近くにある文字から「YUZUKI」=『少女少年III』の橘柚季?

★『少女少年』シリーズに関する記事はこちら→やぶうち優 著『少女少年』シリーズの紹介と関連記事の一覧

-漫画

Copyright© いま、綴りたい言葉がある , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.